スペシャリストよりゼネラリスト

2010年7月8日(木)曇

今日は退去の連絡があり、落ち込み気味の藤田です。

こんな時期に、退去しないでよ〜って感じです。

 

さて、うちの小沢が、今日は商工会議所主催の

平成22年度の税制改正の、講習会に参加してきました。

 

内容に付いては、まだ詳しく聞いてないので、

特に注意点があるようでしたら、後日アップします。

 

我が家の強みは、夫婦でスペシャリストな分野を持っていて

協力しながら、判断を下せるところだと思っています。

 

藤田は建築関係全般、妻は経理及び経営診断と、分野が

異なるので、お互いの意見を尊重しつつ話せるのです。

この様な、スキルが集まっている家も少ないでしょうから、有り難い環境です。

 

昨日も書きましたが、夫婦で協力し合う関係を持って

二人でゼネラリストを目指すと、より早く、目標に達成する様な気がします。

 

笑うかどには福来るを、不動産は求めているのかもしれません。

借りるときの注意

2010年7月1日(木)晴

今日は長男の誕生日です(^^♪

早いもので、もう6歳になりました。

仮面ライダーのベルトで、ご機嫌です。

ベルトをしたまま寝ています・・・。

 

以前、危機管理に固定金利を使いましょう!って書きました。

この時に、注意しなくてはいけない事を書き忘れました<(_ _)>

それは、

     固定期間中には繰り上げ返済し難い。

です!

繰上げ返済は、考えてないからいいや!って思った方

関係有るかも知れませんよ!

 

それは、物件を売却する場合です。

 

固定変動ミックスで借りていれば、固定終了時に変動にすれば問題ないですが

出来ない場合、ペナルティで違約金を架せられるかも知れません。

最悪、物件売却のチャンスを逃すかも・・・。

 

やっぱり、収益不動産は出口対策が大事です。

借入時には、約款も注意して見ましょう。

 

 

危機管理

2010年6月11日 (金)晴

先日、退去連絡が出た物件に入居申込があってご機嫌な藤田です。

 

危機管理なんてタイトル、大げさですね。

 

昨日の銀行さんとお話の中で、冗談めかして言った言葉ですが・・・。

 

最近はメディアで頻繁に国の財政についての話題が出ますよね。

 

何でも862兆円ぐらいの債務が有るとか・・・。(@_@;)

国家予算の20年分以上の借金て・・・・。

一般家庭なら確実に破綻ですよね。

 

で、国の信用力が落ちると、国債の金利が変動し、

つられて市中金利が上がるのが普通です。

 

借入でレバレッジをきかせている、大家さんには深刻な問題ですよね。

その時に同時に起こる問題の一つに、”ハイパーインフレ”も予想されます。

 

つまり、予測される問題は

金利が上がって返済が厳しくなる 。

      ↓

インフレでも中々家賃を上げにくい

      ↓

インフレなので掛かる経費の請求額は増える

      ↓ 

キャッシュが廻らない

      ↓

     アウト!

 

これらの問題への、大家さんの対処方法は、ずばり・・・

    固定金利

あ、なんだ〜って声が聞こえそう・・。

 

変動の方が金利は安いので、皆さん変動金利を選択されておられるでしょうが、

一部を固定金利に変更する事をオススメしておきます。

 

返済金額が変わらなければ、家賃が上がらなくても問題ないです。

 

インフレが起きれば、元金の価値が下がるので、

金利負担を抑えられれば、相対的に借金が減ったのと同じです。

 

起こるか解らないですが、予想される事に今から取り組む!

扱う金額が大きいので、危機管理は大事です。

 

 

 

ダンスと一緒

2010年6月10日(木)晴

今日は暑かったですね〜!

車のエアコンもフル活動でした。

でも、朝晩はまだ冷えるときが有り、寒暖の差が激しいので体調管理に注意です。

  

我社は3月末決算なので、決算報告をこの時期に、主要銀行に行います。

 

今日は、メインバンクの担当Mさんとお話し合いです。

 

Mさんは、私が思うにイワユル”切込み隊長”としてエリアのテコ入れにこられた様です。

つまり、切れ者なで少々キンチョウです(^^ゞ

 

私より少々先輩のMさん、初対面では、我社を正直解らん会社だな〜っ

て感じだったのですが、

何度もお会いしてく内に、大分好意を持って接していただけるようになりました。(爆)

 

決算書の説明は我社の小沢の妻が行い、特に問題は無かった様子で、まずはホッとしました。

その後は決算書をベースにMさんの”融資の勉強会”を開催していただきました。

 

具体的なところは書けませんが、

銀行としての格付けの判断方法

ここをこうしたらもっといい条件で貸し出せる

資金をどうストックしておいた方が経営判断としてよい  等など

 

どの様にすれば、融資できるかについて

気が付けば、2時間程完全な”個別相談”していただきました。

  

数万円するような、融資セミナーより内容は濃かったかも・・・。

 

このお話の中で感じた事は

条件さえ整えば、銀行は貸したがっている!

ダンスと同じで決まった形に整えると、評価は高い!

の2点が特に印象に残りました。

 

自分の周りの方々に見方になって頂けると、心強いですね!

Mさん、ありがとうございました。