先を予測

2010年8月3日(火)晴

息子のラジオ体操に、付き合うつもりが寝坊して、反省モードの藤田です。

 

ここ数日、一般ニュースでも取り上げられていますが、ご存知ですか?

エレベーターの20102年問題

http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/100731/sty1007311801004-n1.htm

 

確かにメーカーの立場に立てば、部品のストックするコストは

昨今の厳しい経済状況では、大きな負担になるのは解るのですが・・・・。

 

建物は、上手にメンテナンスすれば50年は持ちますから、大きな付属設備については

もう少し維持管理まで考えて欲しい、と言うのがオーナーの気持ちではないでしょうか。

 

まあ、こうなってしまう以上、設備リニューアル費用の上積みが必要になるわけで

総合的な判断を、先を見て予測しないと、キャッシュが廻らなくなりそうですね。

 

エレベーターは、直接人命にかかわるので、深刻な問題ではないでしょうか。

 

物件を買うときに、利回りばかりに目が行ってしまい、築古物件で、エレベーターが付いた

物件を買うと、結構大変になりそうな予感ですね〜!

気をつけましょう!